考える皮膚<増補> - 港千尋

考える皮膚

Add: vawotig95 - Date: 2020-12-03 08:13:36 - Views: 7338 - Clicks: 3813

【1日~3日以内に出荷】。【中古】 考える皮膚 触覚文化論 増補新版 / 港 千尋 / 青土社 単行本【宅配便出荷】. 皮膚はやはりもっとも深いところにあって、わたしたちに進むべき道を、内側からコツコツと知らせてくれているように思うのである。 ――港千尋 時代のうごきを先鋭的に捉えた瞠目の書、新たな書下ろしを加えて待望の新版。. 考える皮膚 触覚文化論 - 港千尋/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 皮膚はやはりもっとも深いところにあって、わたしたちに進むべき道を、 内側からコツコツと知らせてくれているように思うのである。 ――港千尋 時代のうごきを先鋭的に捉えた瞠目の書、新たな書下ろしを加えて待望の新版。. 考える皮膚 : 触覚文化論 港千尋 著. 港 千尋『考える皮膚 触覚文化論』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。. 。エスニック芸術からテクノロジーに至るまでの領域を渉猟してさぐる、時代の. An At a NOA 考える皮膚:00 tag: book 港千尋「考える皮膚」を読んだ。 内と外を隔てる境界は、内や外の在り方を 決める重要な役割を担っている。.

8 形態: 294p ; 20cm 著者名: 港, 千尋(1960-) 書誌ID: BN0972. 考える皮膚 触覚文化論 増補新版/港 千尋(芸術・美術)の最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. 港千尋、『考える皮膚 触覚文化論』、青土社、1993年。 現実とは何か。神経伝達物質が脳に「痛み」を知らせることで通知される何かである。だが、「痛み」をどう受容するかは単純ではない。スポーツ選手が試合終了. 港 千尋 考える皮膚 触覚文化論(増補新版)のことをもっと知りたければ、世界中の「欲しい」が集まるSumallyへ!港 千尋のアイテムが他にも14点以上登録されています。. 港千尋『考える皮膚 触覚文化論』(青土社、)/オリヴァー・サックス著、高見幸郎他訳『妻を帽子とまちがえた男』(ハヤカワ文庫、)/ 仲谷正史他『触感をつくる《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー、)/佐々木正人.

「考える皮膚 触覚文化論(増補新版)」港千尋 著を読了。 考える皮膚 触覚文化論(増補新版) www. 増補新版 考える皮膚の本の通販、港千尋の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで増補新版 考える皮膚を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは趣味とカルチャーの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 【最安値 2,640円(税込)】(10/2時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:カンガエル ヒフ ショッカク ブンカ ロン|著者名:港千尋|著者名カナ:ミナト,チヒロ|発行者:青土社|発行者カナ:セイドシヤ|ページ数:308p|サイズ:20】.

港千尋 考える皮膚 触覚文化論 : 港千尋 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 港 千尋(みなと ちひろ、1960年 9月25日 - )は日本の写真家・写真評論家(著述家)。多摩美術大学 美術学部情報デザイン学科教授。弟の港大尋はミュージシャン。 神奈川県 藤沢市出身。「群衆」「移動」などをテーマに写真を撮りながら、多彩な評論を. 考える皮膚 : 触覚文化論. Amazonで港 千尋の考える皮膚―触覚文化論。アマゾンならポイント還元本が多数。港 千尋作品ほか、お急ぎ便対象商品は. 鷲田清一「ひとはなぜ服を着るのか」 - モナドの方へで紹介されていたので、手に取った本。 この本(ついでに作者も)、書いてある内容が凄いわりには、あまり有名でないような気がする。もったいない話だ。恐らく、書かれるのが早すぎたということなのだろう。 書かれたのは1993年. 考える皮膚増補新版 - 触覚文化論 - 港千尋 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 考える皮膚 触覚文化論 増補新版/港 千尋(芸術・アート) - 棘の芸術、タトゥー・ブーム、皮膚の色の政治学、盲目論、世界皮膚の夢. 増補新版 フォーマット: 図書 責任表示: 港千尋著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青土社,.

写真家である以前に、該博な知識で武装した都市観察者、港千尋の表象文化論。「群衆論」に次ぐ名著。精神科学の月刊誌「イマーゴ」の連載に、加筆訂正を加えたもの。1993年刊行の初版。ハードカバー。状態良好。 以下目次 現実の刺 痛みのイコノグラフィー 色素政治学 ポストヒューマン. カンガエル 考える皮膚<増補> - 港千尋 ヒフ : ショッカク ブンカロン. Amazonで港 千尋の考える皮膚 触覚文化論(増補新版)。アマゾンならポイント還元本が多数。港 千尋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. jpで購入する 要約 視覚から皮膚感覚への9つの考察からなり、前半は『現実の棘』、『皮膚の政治化』、『身体シェーマの変容』という. Webcat Plus: 考える皮膚 : 触覚文化論, 棘の芸術、タトゥー・ブーム、皮膚の色の政治化、ヴァーチャル・リアリティ、都市の触覚地図。視覚の覇権がいたるところで崩壊の兆しをみせ始めた。いま世界は皮膚感覚へと向かう。. 8 形態: 294p ; 20cm 著者名: 港, 千尋(1960-) 書誌ID: BNISBN:. ISBNamazon ※ st 内容 (「BOOK」データベースより) 棘の芸術、タトゥー・ブーム、皮膚の色の政治化、ヴァーチャル・リアリティ、都市の触覚地図。. さらに皮膚論の調査は続く。考える皮膚―触覚文化論作者: 港千尋出版社/メーカー: 青土社発売日: 1993/09メディア: 単行本.

『風景論-変貌する地球と日本の記憶 (単行本)』(港千尋) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー)。作品紹介・あらすじ:驚異的なテクノロジーの進化によって、どんな遠い場所の様子も手に取るようにわかるようになった。. 感じとること 「考える皮膚 触覚文化論(増補新版)」港千尋 著を読了。 要約 視覚から皮膚感覚への9つの考察からなり、前半は『現実の棘』、『皮膚の政治化』、『身体シェーマの変容』という、主に外部世界と触覚との関係を考察した内容で、釘を全身に打ち込まれた〈ザイールの人形ン. 港 千尋『考える皮膚』,青土社,294p. 皮膚は感覚器官のひとつとして日常のなかで敏感に機能し、人々に強いイメージを想起させ続けているのでしょう。 その文脈で特に注目したいのが、5位にランクインした『考える皮膚 触覚文化論 増補新版』。. 考える皮膚 : 触覚文化論 フォーマット: 図書 責任表示: 港千尋著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 青土社, 1993. タイトル: 考える皮膚 : 触覚文化論: 著者: 港千尋 著.

増補新版 : 出版年. 年7月6日「日経新聞」書評/武田徹さん「写真・映像は情報文化の基盤」 年7月6日「北国新聞」他書評/鷲田めるろさん「像で論じる情報化社会」 年5月18日「毎日新聞」記事/「SNSによる激変 その先を問う」 年11月10日「読売新聞」編集手帳 『美術手帖』10月号 書評 * 映像は現代. 港 考える皮膚<増補> 千尋『考える皮膚 触覚文化論』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

考える皮膚<増補> - 港千尋

email: zabetig@gmail.com - phone:(385) 498-1472 x 9696

教会の怪物たち - 尾形希和子 - 高校入試模擬テスト

-> 九龍城探訪 - グレッグ ジラード
-> なほあたゝかく - 二部野静子

考える皮膚<増補> - 港千尋 - 途上にて


Sitemap 1

Disney Princess SPECIAL BOOK - オカンの新婚生活 ゆうやけ色 咲乃月音